★ 画家のように発想するエンジニアと,音楽家のように発想するエンジニアのノート【第183号別冊】

「国立大学はもう限界」についても書きました
金谷一朗(いち) 2024.06.12
サポートメンバー限定

いちです,おはようございます.

「STEAMボート乗組員」(STEAM NEWSサポートメンバー様)限定配信をお届けいたします.ご支援本当にありがとうございます.

さて,本誌【第183号】でお伝えした「画家のように発想するエンジニアと,音楽家のように発想するエンジニア」について,執筆時に参照した情報をまとめます.

別冊はもっと勉強したい方向けの「足がかり」や余談としてお送りするものです.お時間のある時にお楽しみ頂ければ幸いです.

(Cover Photo by Jp Valery on Unsplash)

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、1904文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
★ なぜか機械を壊す人のノート【第189号別冊】
読者限定
なぜか機械を壊す人【第189号】
サポートメンバー限定
★ 芸術の発明のノート【第188号別冊】
読者限定
芸術の発明【第188号】
サポートメンバー限定
★ 地球外哲学者のノート【第187号別冊】
読者限定
地球外哲学者【第187号】
サポートメンバー限定
★ タイムトラベルのノート【第186号別冊】
読者限定
タイムトラベル【第186号】