太陽からの風と日本の折り紙の意外な関係【第74号】

SF作家アーサー・C・クラークでさえ想像できなかった未来の「折り紙」が宇宙開発への一歩を踏み出しています
金谷一朗(いち) 2022.04.15
読者限定

🎙️このレターには音声版があります (🍎Apple | 🎷Spotify  | 📺YouTube | 🌏Web)

【140字まとめ】作家アーサー・C・クラークが「太陽からの風」で描いた「ソーラー・セイル」.彼は1963年に「畳み方はまだ知られていない」と書きました.しかしその7年後に日本人の三浦教授が畳み方を発明してしまいます.今週はこのミウラ折りと,キリン「氷結」の缶で使われている構造をご紹介していきます.

***

STEAM NEWS は毎週届くニュースレターです.国内外のSTEAM分野(科学・技術・工学・アート・数学)に関するニュースを面白く解説するほか,おすすめ書籍,TEDトークもお届けします.芸術系や人文系の学生さんや教育関係者の方,古代エジプト好きな方に特におすすめです.

***

いちです,おはようございます.

この春から大学生になった皆さんは,授業が一巡した頃でしょうか.

最近は「紙の本」が手に入るうちにと思って古本を買うことが多いのですが,紙の本が無くなる前に,小さな文字を読むという根性が無くなりそうです.電子書籍に慣れてしまうと,紙の本は辛いですね.

さて,今週はそんな古い本から新しい話題をお届けします.

ぜひお楽しみ下さい.

【お知らせ】ツイッターで「STEAMコミュニティ」を開始しました.アカウントをお持ちの方は是非ご参加ください.匿名でもご参加いただけます.

《目次》

  • 短編小説「太陽からの風」が描いた未来の宇宙飛行

  • アーサー・C・クラークの想像を超えた「ミウラ折り」

  • 宇宙開発から生まれたキリン氷結の缶デザイン

  • もっと勉強したい人へ〜三谷純の折り紙ノートと太陽が失うもの

  • おすすめ書籍:太陽からの風

  • おすすめTEDトーク:宇宙のデザイン

  • Q&A

  • 一伍一什のはなし

この記事は無料で続きを読めます

続きは、6589文字あります。
  • 短編小説「太陽からの風」が描いた未来の宇宙飛行
  • アーサー・C・クラークの想像を超えた「ミウラ折り」
  • 宇宙開発から生まれたキリン氷結の缶デザイン
  • もっと勉強したい人へ〜三谷純の折り紙ノートと太陽が失うもの
  • おすすめ書籍
  • おすすめTEDトーク
  • Q&A
  • 一伍一什のはなし

すでに登録された方はこちらからログイン

議論・討論・談論を使い分けていますか?【第98号】
誰でも
★ 「例のもの」のノート【第97号別冊】
有料限定
アポロ12号が月へ運んだ「例のもの」【第97号】
読者限定
★ 緑色のひみつのノート【第96号別冊】
有料限定
緑色のひみつ【第96号】
読者限定
★ かけ算の順序のノート【第95号別冊】
有料限定
かけ算に順序はあるの?【第95号】
読者限定
★ 死を招くファッションのノート【第94号別冊】
有料限定