【第27号】ビットコインの作者サトシ・ナカモトを追え〈前編〉

ビットコインを支える技術のひとつ「ハッシュ」について解説
金谷一朗(いち)
2021.06.11
読者限定

(English version is available.)

***

ご注意:このレターは「仮想通貨」の購入をおすすめするものではありません.また購入先の紹介や運用ノウハウをお伝えするものでもありません.

***

このレターには音声版があります

【140字まとめ】仮想通貨「ビットコイン」の作者サトシ・ナカモトの正体は未だに不明です.本ニュースレターではビットコインの仕組みと,謎多きサトシ・ナカモトについて解説していきたいと思います.〈前編〉ではビットコインを支える「ハッシュ」についてお話します.それと,サトシ・ナカモトについても少しだけ.

いちです,おはようございます.

今から10年前,正確には2011年4月26日に,サトシ・ナカモトを名乗る人物が自身の立ち上げたコミュニティにそっと別れを告げました.

サトシ・ナカモトは,日本人を自称し,流暢なイギリス英語を話す,謎に包まれた人物です.いえ,ひょっとしたら伝説の数学者ニコラ・ブルバキのように,実際にはグループなのかもしれません.

サトシ・ナカモトは,今大きな話題になっているビットコインで100万ビットコイン(BTC)を保有している模様です.ビットコインの価格は変動が激しいので一概には言えないのですが,本稿執筆時点では1BTCに400万円の値がついています.つまり,計算上は4兆円ほどお持ちということですね.

そして,このビットコインそのものは,サトシ・ナカモトによって発明されました.

我々はまだ,ビットコインをうまく表す言葉を持っていません.「仮想通貨」「デジタル貨幣」「暗号資産」「分散台帳」のような言葉は,どれもビットコインのある側面しか表していません.

本号では,そんなビットコインと,その作者と言われている謎多きサトシ・ナカモトについて,可能な限り追いかけてみたいと思います.

ここから先は限定公開です

下記からメールアドレスを入力するだけで続きを読むことができます。

すでに購読された方はこちら

ログインする