起承転結を忘れろ!TEDが起こしたプレゼンテーション革命【第79号】

「起承転結」は詩の形式であって文章の形式ではありません
金谷一朗(いち) 2022.05.20
読者限定

🎙️このレターには音声版があります (🍎Apple | 🎷Spotify | 🌏Web)

【140字まとめ】日本人がついついやりがちな「起承転結」で文章を書いてしまうという失敗についてお話しします.なぜか「起承転結」で書けと学校で教わってしまうんですよね.でも起承転結は本当に忘れて下さい.伝わらないんです.Q&Aも盛りだくさんなので是非お読み下さいね.

***

STEAM NEWS は毎週届くニュースレターです.国内外のSTEAM分野(科学・技術・工学・アート・数学)に関するニュースを面白く解説するほか,おすすめ書籍,TEDトークもお届けします.芸術系や人文系の学生さんや教育関係者の方,古代エジプト好きな方に特におすすめです.

***

いちです,おはようございます.

TEDxKobe がいよいよ今週末に迫ってきました.ライブ配信チケットも無料で出ていますので,是非ご視聴になってくださいね.

TEDxイベントは後日に録画が公開されますが,録画は編集済みなのに対して,ライブ配信は本当の「生」なんですよ.つまりですね「格好悪い」ところも放送されちゃうんです.

これはTEDxイベントに限らず,本家TEDでもそうなんです.TEDのあの格好良いプレゼンテーションも,生で見てみると割としょぼかったりします.

…と,ハードルを上げたのか下げたのか分からない状態で,今週のテーマに参りましょう.

【お知らせ】ツイッターで「STEAMコミュニティ」を運営しています.アカウントをお持ちの方は是非ご参加ください.

《目次》

  • アレクサンダー大王に必要だった「説得の技術」

  • 起承転結を捨てなさい

  • TEDxKyotoで実践した修辞学

  • 建築家は椅子を,ファッションデザイナは香水をデザインする

  • おすすめ書籍:TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド

  • おすすめTEDxトーク:違いを認め尊ぶこと

  • Q&A

  • 一伍一什のはなし

アレクサンダー大王に必要だった「説得の技術」

古代ギリシアの王アレクサンドロス3世(アレクサンダー大王)は,歴史上,世界で2番目に広い面積を支配した王です.

ということは,征服した土地に「アレクサンドロス3世は偉いのだ」と説得してまわる必要があったわけですね.文化も風習も異なる人々をどのように説得したのでしょうか.

鍵となるのは,アレクサンドロス3世の家庭教師,紀元前4世紀の人,哲学者アリストテレスです.彼は「弁論術(レートリケー)」という本を著し,人々を説得する技術を整理しました.彼の技術は「修辞学(レトリック)」と訳され,大学の一般教養科目つまり「リベラルアーツ」のひとつになっていますが,むしろ「プレゼンテーションの技法」と呼んだ方が分かりよいでしょう.

アリストテレスの「弁術論」では,説得手段として理屈(ロゴス),情熱(パトス),そして話し手の人柄(エートス)を挙げていますが,中心に据えたのは理屈でした.

ヨーロッパでは言葉を発するための修辞学に加えて,言葉を聞くための「文法学」と,理解の骨格になる「論理学」の三つを併せて「トリティウム(三学)」と呼んで,最も基本的な学問としました.この姿勢は現在にまで繋がっています.また修辞学の中身も多民族の集まりであるヨーロッパを中心に長い年月をかけて洗練されていきました.

この記事は無料で続きを読めます

続きは、8574文字あります。
  • 起承転結を捨てなさい
  • TEDxKyotoで実践した修辞学
  • 建築家は椅子を,ファッションデザイナは香水をデザインする
  • おすすめ書籍
  • おすすめTEDxトーク
  • Q&A
  • 一伍一什のはなし

すでに登録された方はこちらからログイン

議論・討論・談論を使い分けていますか?【第98号】
誰でも
★ 「例のもの」のノート【第97号別冊】
有料限定
アポロ12号が月へ運んだ「例のもの」【第97号】
読者限定
★ 緑色のひみつのノート【第96号別冊】
有料限定
緑色のひみつ【第96号】
読者限定
★ かけ算の順序のノート【第95号別冊】
有料限定
かけ算に順序はあるの?【第95号】
読者限定
★ 死を招くファッションのノート【第94号別冊】
有料限定