【第6号】ツタンカーメンが手にした天と地からの贈り物

エジプトで最も有名な男「ツタンカーメン」の美とその背後にある科学
金谷一朗(いち)
2021.01.29
読者限定

(English version is available.)

いちです,おはようございます.

先日,エジプト考古学者の河江肖剰先生のオンライン講義を受講しました.古代エジプトって面白いですね.古代エジプトと言えば,やはり第18王朝の少年王「ツタンカーメン(トゥト・アンク・アメン)」でしょうか.あの黄金のマスクの輝きは誰もが映像や写真で観たことがあるでしょう.ひょっとしたら本物をご覧になった方もいらっしゃるかもしれません.

ツタンカーメンのマスク, Roland Unger, CC BY-SA 3.0
ツタンカーメンのマスク, Roland Unger, CC BY-SA 3.0

鉄:ツタンカーメンの短剣

ツタンカーメンに関して2016年に大きな発見があったことをご存知でしょうか.彼と一緒に埋葬されていた短剣が,隕石から作られていたことがわかったのです.このツタンカーメンの短剣は,科学的に言えば「鉄」と「ニッケル」という金属の合金で出来ていました.[参考文献1]

ツタンカーメンの短剣
ツタンカーメンの短剣

ツタンカーメンがファラオ(古代エジプトの王)に在位したのは紀元前1333年頃から紀元前1324年頃とされています.この頃,現在のトルコのアジア部分にあたるアナトリアのヒッタイト人たちだけが鋼(はがね,スティール)を作る技術を持っていました.鋼とは鉄に少しの炭素(カーボン)を溶かしたもので,自然の鉄に比べると固く,割れにくく,加工しやすいものでした.他の地域の人々は,鉄を手に入れることは出来ても,そこから鋼を作ることは出来ませんでした.

しかし,例外がひとつだけありました.良質な鉄合金を偶然手に入れられたら,話は別なのです.ではどこで,良質な鉄合金を手に入れられるでしょうか.

視点をうんと広く持ってみましょう.

宇宙に浮かぶ地球を思い浮かべてください.どのようなイメージを持たれたでしょうか.水の惑星?大気に覆われた星?

By NASA/Tracy Caldwell Dyson, Public Domain
By NASA/Tracy Caldwell Dyson, Public Domain

宇宙スケールで見ると,地球は「とろとろに熔けた鉄のしずく」です.表面には鉄よりも軽い物質が浮かんでいて,冷えて固まっています.その表面に薄く海水がまぶされていて,少量の空気がトッピングされています.このような様子を以前YouTube動画でお話しましたので,もしお時間があればご覧になってください.

というわけで,地球のコアを掘り出すことができれば,良質な鉄を手に入れることが出来るかもしれません.火山は地球の内部から熔けた「しずく」が吹き出している場所なのですが,地上で手に入るしずく,つまり溶岩は残念ながら不純物が多すぎます.そう,我々が唯一手に入れられる天然の良質な鉄合金は「他の星のコア」なのです.

宇宙に浮かぶ惑星や小惑星が何らかの理由で砕け散ったもの,つまり星屑が,地球の重力に捕まって地上に落ちてくることがあります.これが「流れ星」ですね.地上にたどり着いた流れ星を我々は「隕石」と呼びます.隕石の中でも特に多く鉄を含むものを「隕鉄」と呼びます.隕鉄は鉄の他にニッケルをよく含んでいます.鉄・ニッケル合金は鋼のように優れた性質を持ちますが,地上で見つかることは隕石由来のもの以外に無く,また人工的に作ることも困難でした.現在でも鉄・ニッケル合金は生産のハードルが高く,かつ兵器の素材としての需要が高い戦略物質であるため,我が国では輸出貿易管理令のもと厳格な輸出管理下に置かれています.

こういった理由から,ツタンカーメンの短剣が隕石(隕鉄)つまりは「天からの贈り物」で作られていた言えるわけですね.

金:ツタンカーメンのマスク

では,ツタンカーメンのマスクの方はどうでしょうか.マスクは黄金(金,ゴールド)で作られており,他にラピスラズリ(青),カーネリアン(赤),黒曜石(黒),ターコイズ(青緑)などから出来ています.色彩の話はまたいずれこのニュースレターでしたいと思っていますので,今週は黄金についてお話したいと思います.

ここから先は限定公開です

下記からメールアドレスを入力するだけで続きを読むことができます。

すでに購読された方はこちら

ログインする