地球の測り方【第68号】

ウクライナとロシアをまたがる世界遺産「シュトルーヴェの測地弧」が語りかけるもの
金谷一朗(いち) 2022.03.04
読者限定

🎙️このレターには音声版があります (🍎Apple | 🎷Spotify | 📺YouTube | 🌏Web)

【140字まとめ】「シュトルーヴェの測地弧」は,ウクライナ,ロシアを含む10か国に跨がる珍しい世界遺産で,地球の大きさを測るために用いられました.この号では,古代エジプトのエラトステネスやスウェーデンのセルシウス,そしてドイツ系ロシア人シュトルーヴェが取り組んだ「地球の測り方」をご紹介します.

***

STEAM NEWS は毎週届くニュースレターです.国内外のSTEAM分野(科学・技術・工学・アート・数学)に関するニュースを面白く解説するほか,おすすめ書籍,TEDトークもお届けします.芸術系や人文系の学生さんや教育関係者の方,古代エジプト好きな方に特におすすめです.

***

いちです,おはようございます.

本ニュースレターは「STEAMボート」乗組員(STEAM NEWS有料購読者様)のご支援でお届けしております.乗組員の皆様に感謝申し上げます.

ロシアのウクライナ侵攻から1週間が経過しました.食料やエネルギーはもちろんのこと,精神力も有限です.1日も早くロシアが侵攻を諦めることを願うと共に,少しでも国際的な圧力になればと,現地キエフ・インディペンデント(Kyiv Independent)紙の情報などをツイッターで紹介したりもしています.よろしかったら僕のアカウント @kanaya もフォローしてみて下さいね.

さて,今週はウクライナ,ロシアを含む10か国に跨がる世界遺産「シュトルーヴェの測地弧」のストーリーをお届け致します.この世界遺産は,激動の18世紀に地球の大きさを測ろうとした天文学者たちが残したものなのです.

目次

  • ベータ(No.2)と呼ばれた学者エラトステネスが測った地球の大きさ

  • 地球はどのぐらい丸いの?

  • 天文学者シュトルーヴェの貢献

  • その後の「測地弧」

  • おすすめ書籍:紛争でしたら八田まで

  • おすすめTEDトーク:闘う男たちと悲しむ女たち-ウクライナ革命にて

  • Q&A

  • 一伍一什のはなし

この記事は無料で続きを読めます

続きは、6722文字あります。
  • ベータ(No.2)と呼ばれた学者エラトステネスが測った地球の大きさ
  • 地球はどのぐらい丸いの?
  • 天文学者シュトルーヴェの貢献
  • その後の「測地弧」
  • おすすめ書籍:紛争でしたら八田まで
  • おすすめTEDトーク:闘う男たちと悲しむ女たち-ウクライナ革命にて
  • Q&A
  • 一伍一什のはなし

すでに登録された方はこちら

読者限定
日食と古天文学【第175号】
サポートメンバー限定
★ 地球に刻まれる人新世(じんしんせい)という年代のノート【第174号...
読者限定
地球に刻まれる人新世(じんしんせい)という年代【第174号】
サポートメンバー限定
★ 名探偵ポアロと考古学の方程式のノート【第173号別冊】
読者限定
名探偵ポアロと考古学の方程式【第173号】
サポートメンバー限定
★ ノアの方舟のノート【第172号別冊】
読者限定
ノアの方舟【第172号】
サポートメンバー限定
★ 足し算の繰り上がりとガンジーの関係のノート【第171号別冊】