【創刊準備号】「Go To トラベル」利用と新型コロナウイルス感染症の関係は?

「科学的に正しい」とはどういう事?
金谷一朗(いち)
2020.12.19
読者限定

こんにちは,いちです.

新しくニュースレターを始めました.国内外のSTEAM分野(科学・技術・工学・アート・数学)に関するニュースをマニアックな視点から解説します.おすすめする関連書籍,TEDトークなどもニュースレターに掲載する予定です.

週1回程度の配信を予定しています.また過去記事はウェブでご覧いただけますので,ご高覧頂ければ幸いです.

さて,今週は「GoToトラベル停止」を題材に,科学的な正しさとは何かについてお話したいと思います.

GoToトラベル停止

12月14日に政府はGoToトラベルキャンペーンの一時停止を発表しました.2020年12月28日から2021年1月11日までの間,全国を対象としてGoToトラベルを停止するそうです.理由は,新型コロナウイルス感染症のこれ以上の拡大を防ぐためです.

つまり,GoToトラベルを続けると,新型コロナウイルス感染症が広がり続けるだろうという判断なわけですね.

政府が東京も含めたGoToトラベルキャンペーンを開始したのが今年の10月1日でした.その頃はまだ1日あたり感染者数が1,000人未満に抑えられていたのですが,11月に入ると1,000人以上,12月に入ると2,000人以上が常態化してしまいます.

GoToトラベルによって人口の多い東京から日本各地へ人が移動するわけですから,これが感染拡大の原因と考えるのは直感にあうことです.しかしそれはまだ「直感」に過ぎないのです.

論文とはなに?

今月「Go Toトラベル利用者の方が,新型コロナウイルス感染症を示唆する症状をより多く経験していることが明らかに」という記事が公開され,多くの報道機関が報じるところとなりました.元になった論文はmedRxivというウェブサイトに置かれています.本記事を書いたのはカリフォルニア大学ロサンゼルス校助教 (Assistant Professor) の津川友介氏で「世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事」などの著書がある研究者です.

さて「Go To トラベル利用者の方が…」記事には冒頭に

本論文はプレプリントであり,著者ら以外の専門家からの科学的検討(査読)はまだ受けておりません.しかし,政策上重要なテーマであるため,速報性を重視するために公開しております.
医療政策学×医療経済学

という注意書きがあります.

この「査読」というものが何なのかわかりにくいかもしれないので,簡単な説明をしましょう.

研究のゴールは,ひとまずは論文発表です.科学分野で有名な「サイエンス」や「ネイチャー」などはこのような論文を集めた論文誌です.こういった論文誌には世界中から論文原稿が送られてくるわけですが,それらは一旦,査読というプロセスにまわされます.査読というのは,同じ分野や近い分野の研究者に,論文の妥当性を検討してもらうことです.そしてこれが,大変に厳しい.分野にもよりますが,誤魔化しはほとんど効かないと言っていいでしょう.

このような厳しい査読プロセスを経て,投稿された論文は「正当な論文」すなわち「学術論文」になるのです.査読前ながら公開される論文は「プレプリント」とも言います.当然,プレプリントの説得力は学術論文の説得力に比べると相当に落ちることになります.

科学者は必ず,査読なしのプレプリントと査読ありの学術論文の区別をつけるものです.津川友介氏が記事の冒頭で「本論文はプレプリントであり…」と断ったのはそのためでしょう.

本記事は津川氏のプレプリントの内容を否定するものではなく,同氏の公正な態度を称賛し,研究者の端くれである僕も襟を正すものです.

なお,査読を経て出版された論文はさらに歴史の中で揉まれていくことになります.そして生き残った説だけが「科学的に正しい」と言われるようになるのです.

ここから先は限定公開です

下記からメールアドレスを入力するだけで続きを読むことができます。

すでに購読された方はこちら

ログインする