★ 円周率をめぐる物語〈歴史編〉のノート【第48号別冊】

「円周率をめぐる物語〈歴史編〉」で参考にした資料と「マチンの公式」のミニ解説
金谷一朗(いち) 2021.11.10
サポートメンバー限定

いちです,おはようございます.「STEAMボート乗組員」(有料購読者様)限定配信をお届けいたします.ご支援本当にありがとうございます.

さて,本誌【第48号】でお伝えした「円周率をめぐる物語〈歴史編〉」について,執筆時に参考にした情報をまとめます.

こちらはもっと勉強したい人向けの「足がかり」としてお送りするものです.

古代エジプトの円周率

本題に入る前にお詫びと訂正です.

ニュースレター【第48号】では,古代エジプトの円周率を「正しい円周率よりも6.02パーセント大きな数値」としていましたが,正しくは「正しい円周率よりも0.602パーセント大きな数値」でした.

Twitterでご指摘いただき気づきました.ご指摘ありがとうございました.

計算を間違えた人

ウィリアム・シャンクスによって出版された円周率の値 (1853)

ウィリアム・シャンクスによって出版された円周率の値 (1853)

Q&Aでご紹介したウィリアム・シャンクス (William Shanks) は,生涯をかけて円周率を手計算し,1873年に707桁目に到達したことで有名な人物です.この記録は,デジタルコンピュータを使った円周率の計算が始まるまで,およそ100年にわたって「最長」の円周率表記でした.ただ,彼の計算は528桁目から間違っていました.

シャンクスはよほど計算が好きだったと見えて,60,000までの素数表の作成や,2, 3, 5, 10 の自然対数を137桁目まで求めたりもしています.

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3094文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
★ 未解読文字のノート【第180号別冊】
読者限定
未解読文字【第180号】
サポートメンバー限定
★ アビエイターたちのノート【第179号別冊】
読者限定
アビエイターたち【第179号】
サポートメンバー限定
★ マルチバースのノート【第178号別冊】
読者限定
マルチバース【第178号】
サポートメンバー限定
★ 火星人フォン・ノイマンのノート【第177号別冊】
読者限定
火星人フォン・ノイマン【第177号】